3次元CADの活用にお悩みの方

セミナー風景デジタルものづくりで核心的な発展を遂げるためには、上流工程に3次元を活用した、新たなものづくり環境やしくみを構築する必要があります。また、品質工業や精度の向上、作業効率の向上のためのものづくり手法として利用されています。
また、デジタルものづくり環境への変化は、ものづくりプロセスの変革だけではなく、デザイナーや設計者のありかたや必要とされるスキルまで変えようとしています。


アイ・シー・アイデザイン研究所では、実践的な設計プロセスのありかたの教育やSolidWorksのモデリングテクニック教育などを行っております。
3DCADはあくまでツールに過ぎません。
どのように形状をつくりあげていけばいいのか、
どのように設計をすすめていけばよいのか
プロセスを指導いたします。

カタチづくりの「How To」を紹介いたします

いかに形状を組立てていくのか、
いかにデザインをすすめていくかのプロセスCADで発想する「コツ」を トレーニングいたします。
特に、ここの形状の作り方に苦労している、
このような事例で行ってほしいというご要望があればお伝えください。

データ流用

デザインから設計・金型までのデータ流用におけるポイントと注意点を実例に沿ってご紹介いたします。