デザイン・設計・モノづくり支援を行う
アイ・シー・アイデザイン研究所が提供する
3DCADに関する 情報発信サイトです
 
TOP誰も教えてくれないカタチのつくり方 > アイデア出し以降は3次元CADで (前のページへ戻る)
当然になってきた
3次元モノづくり環境
アイデア出し以降は
3次元CADで
カタチをつくる8つの原則
 
 
 
 
トップページへ
3次元CADは使いにくい?
 しかし、一方でまだまだ、いろいろな形状を検討するデザイン(意匠設計)や製品の構造を検討する構想設計では、使いにくいという声が多く、充分な活用にまで至っていないようだ。 講演会やセミナーで「デザイン段階からCADをどのように使っているのか。」「デザイン段階でCADを使うと時間のロスが大きくないのか」「形状変更にはどの程度の時間や工数で対応できるのか」などと聞かれる。デザイナー・設計者に関わらず意見を伺うと、手軽に描けて修正も容易なスケッチや2D図面が利用されているという。おおまかな全体形状がきまってから、3次元化しているようだ。

アイデア出し以降は3次元CADで
 デザイン(意匠設計)や構想設計には、大きくわけて2つのプロセスがあると考えている。 創造期と検討・検証期だ。 第一段階は、創造(イメージング)の段階だ。 数多くのアイデアを出し、試行錯誤を繰り返しながら企画・コンセプトを明確に表現し、あるべき姿の方向性をきめる。要素を形状に表す、「無から有を生み出す段階」である。 ここで求められるのは、創造性だ。きめられた時間内にいかに独創性あふれる仮説を生み出すかが重要となる。スケッチであっても、CADであっても良い。頭で創造した内容をメモする感覚だ。私自身、スケッチを描くこともある。スケッチといっても イメージしたアイデアを手軽にかく簡単な線画だ。デザインの場合、1日で数十案と出す事も可能だからだ。言い換えれば、頭で創造した内容を固定するためのプロセスだ。 第ニ段階は、アイデア検討・検証の段階だ。 創造した内容が、もとめられる「意図や目的」を達成されているか検討・検証を行うことが主目的となる。この段階では、必ず三次元化が必要だ。創造した内容を三次元空間で検証して矛盾がないか、問題がないかを検討する。 また、この段階はプレゼンテーション段階でもある。グループのメンバーや製造など他部署のメンバーによりわかりやすく提示することが求められる。3次元データは、視覚的なわかりやすさに加え、質量が分かる、CAEを使い強度や成形条件などを検証する事もできるなど様々な点において有効である。また、そのままRPモデルをつくることもできる。デザイン決定前であれば、内部部品のデータを組み込み、デザインが可能か不可能かを検証する事も可能となる。このように、デザイン(意匠設計)や構想設計などのモノづくりの上流工程から3DCADを活用することのメリットは多くある。 実際、意匠設計(デザイン)や構想設計に積極的に3DCADを取り入れている企業や個人も以前より増えている。 では、何が使いにくいと感じさせるのだろうか。
  © 2002 I.C.I Design Institute Inc.